未分類

賃貸不動産で分譲賃貸マンションを借りる場合

賃貸不動産では、様々な物件を扱っているので、あなたの条件に合う物件もきっと見つかるでしょう。
そんな中で、最近注目を集めている物件が「分譲賃貸マンション」です。
分譲マンションという言葉は知っているけど、分譲賃貸マンションってどういう事?

そう思う人も多いかもしれません。
本来、分譲マンションとは賃貸用に建てられた物件ではありません。
自分用のマイホームとして、一生住み続ける目的で建てられています。

しかしながら投資目的で分譲マンションを購入し、人に貸出するケースもあります。
また投資目的ではなくても、転勤や離婚などの理由でそのマンションに住み続ける事が出来なくなる事もあります。
その際に物件を売りに出すのではなく、賃貸に出し家賃収入でローンを返済するという訳です。

しかしながら分譲賃貸マンションは、借り手側にも色々とメリットがあります。
先ほども少し紹介しましたが、分譲マンションとは本来賃貸目的で建てられた物件ではありません。

賃貸物件の場合は、家賃収入を得る投資目的で建てられているので、投資効率重視となっています。
そのため必要以上に設備にお金をかける余裕はありません。
なので、分譲マンションと比較した際に、壁の厚さや設備のグレードが低いと言えます。

分譲マンションの方がより住人が一生住み続ける事を前提に、建てられているので造りがしっかりしています。
設備も暮らしやすさ重視で充実し、キッチンには食器洗い機やディスポーザーがついています。
マンションの共有部分も贅沢に建てられているのが特徴的です。

それに安全面でも構造がしっかりしている分、耐震性が高く、管理人がいる事も多いので安心だと言えます。
マンションを購入し長期間住んでいる人が多いため、住人のマナーがいいという点も魅力です。

そのため、賃貸マンションと比べるとやはり分譲賃貸マンションはグレードが上がる分家賃設定も高いと言えます。
ですが将来的に、マイホームを手に入れたいと考えている人におすすめです。
いきなり購入するよりも、分譲マンションのメリットとデメリットを知る事が出来ていいのではないでしょうか?

ただし注意点としては、分譲賃貸マンションを借りたいと思っても、物件数自体が少ないと言えます。
それは分譲賃貸マンションを貸出しているオーナーが少ないためです。
なので、賃貸不動産で、分譲賃貸マンションの取扱いがあるかどうかを、不動産会社選びの条件に加えるといいでしょう。

あと分譲賃貸マンションは、転勤の期間だけという具合に比較的短期間だけ貸出されている事が少なくありません。
そのため分譲賃貸マンションに、長期間住み続ける事は難しいと言えます。

それから分譲賃貸マンションでは、通常の賃貸マンションと違い、オーナーが素人です。
賃貸マンションのオーナーであれば、マンション一棟全てのオーナーであり、家賃収入で生計を立てています。
そのためエアコンの故障や水回りのトラブルなど、マンションで起こりえるトラブルの対処法を心得ているので、修理業者に依頼しすぐに直してくれるはずです。

対して分譲賃貸マンションの場合は、オーナーとはその部屋の所有者という事になります。
そのためマンション経営をしている訳ではない、素人です。
なので、トラブルの対処法を知らないという事も少なくありません。

そういう場合にも仲介してもらった賃貸不動産が、どの程度アフターフォローしてくれるのか、事前に確認しておく事をおすすめします。
このように分譲賃貸マンションを借りる場合にも、メリットとデメリットがあるため、よく理解した上で契約するようにして下さい。

事前に調べていても、自分では分からない事もあるはずです。
なので、分からない事は、そのままにして契約をしてしまわずに、必ず賃貸不動産の担当者に疑問点を尋ね、疑問を解消してから契約をするようにして下さい。問い合わせに対する担当者の対応を知る事も出来、一石二鳥です。

賃貸不動産の契約までの一連の流れ

新しく部屋を借りたいと思ったら、賃貸不動産へ訪れる人も多いでしょう。
では賃貸不動産へ訪れてから、契約までの一連の流れについて紹介します。

まず賃貸不動産に訪れる際には、事前に予約をしておく事をおすすめします。
予約をしておくと、待たされる事もありません。
ネットで事前に調べておいた内覧したい物件に対して、鍵の手配なども準備されているのでスムーズに内覧する事が可能です。

少しでもいい物件を見つけたい、たくさん内覧をして比較した上で選びたい。
そう考える人であれば、効率よく回る事が重要なので、事前予約をしておきましょう。

そして物件の内覧は、あなたが問い合わせた物件だけではなく、似た条件の物件も一緒に紹介してもらいましょう。
自分がネット上で調べた物件だけでは、見落としがあるかもしれません。
同じ条件で、もっといい物件が見つかるのであれば、それに越した事もありません。

それに間取りだけで判断するよりも、実際に内覧するとネットだけでは分からない情報もいろいろ知る事が出来ます。
他にもまだネットにアップしていない更新情報もいち早く紹介してもらう事が出来るかもしれません。

あなた自身が探すよりも、不動産会社の担当者は物件探しのプロなので、プロにお願いした方がいい物件が見つかる可能性が高いと言えます。

内覧して希望の条件に合う物件が見つかれば、その場で決める事も重要です。
家に帰って家族とも相談したいという人もいるかもしれません。
ですが人気がある物件ほど、すぐに埋まってしまいます。
入居は内覧順に優先権があるので、内覧してその場で決めると審査に通りやすいと言えます。

物件を決めると、入居申込みを行い、審査を受ける事になります。
審査では、住所や名前、勤務先、年収、勤続年数、連帯保証人の収入証明が必要となります。
申込みに必要な源泉徴収票は、事前に準備しておきましょう。

審査は2~3日から、長くても1週間以内に結果が出ます。
無事審査に通ると、次は契約となります。
重要事項説明を受け、問題なければ契約成立となります。

重要事項説明で葉、専門用語が混じって難しくて分からないと思う人もいるかもしれません。
ですが必ず不明点はその場で質問し、解消してから契約するようにして下さい。
契約して住み始めてから、話が違うという事にならないように、特約事項については要注意です。

特約事項とは、借主へ負担を求める内容が書かれているので、主にお金に関する話となります。
例えば、壁紙クロスの原状回復費用として、退去時のクリーニングやエアコンの修繕費用は全額契約者本人が負担する。他にも鍵の交換費用が本人負担になるのかどうか、退去時に敷金トラブルにならないように、契約時に確認する事が重要です。

また部屋の禁止事項についても、キチンと確認しておきましょう。
部屋が2部屋あるからと、契約後にルームシェアを考えていたとしても、ルームシェアがNGの部屋もあります。ペットや楽器演奏がNGとなっている部屋も多いので、部屋を借りて自分がしたい事が出来るのかどうか契約前に確認するようにして下さい。

契約時に必要な書類に関しては、不動産会社によって多少異なります。

契約者の印鑑、契約者の住民票、契約者の身分証明書、収入証明書類、連帯保証人の承諾書、連帯保証人の身分証明書、印鑑証明
火災保険加入申込書などの書類を揃えておく必要があります。

そして契約時に必要なモノは、書類だけではありません。
契約時には、初期費用も一緒に用意しておく必要があります。
不動産会社から、初期費用の総額を提示されると思いますが、原則は敷金、礼金、仲介手数料、保証料、火災保険料、前払い家賃など、家賃の4~5倍程度のお金を用意しておきましょう。

契約が完了したら、後は引っ越しをして入居するだけです。
引っ越しシーズンの繁忙期の場合は、自分が引っ越したい日程で引っ越し業者に予約が出来ないという事もあるので、なるべく前倒しで余裕を持って準備をする事をおすすめします。

賃貸不動産の家賃交渉テクニック

賃貸不動産で提示されている家賃の金額は、変える事が出来ないもの。
そんなふうに思う人は多いかもしれません。
ですが、凄く気に入った物件で、予算に対して、少しだけオーバーしてしまっている。
そんな状況であれば、家賃交渉次第で、家賃が下がり、予算内におさまる可能性があります。

もちろん、やみくもに「お金がないから家賃を下げて欲しい」という言い分は通用しません。
それなら条件を下げて、予算におさまる物件を紹介されるだけだからです。

ではどうすれば家賃交渉が成功するのか、家賃交渉のやり方について紹介します。
例えば1~3月の間に、賃貸不動産へ行き、家賃交渉をしたところで、上手くいかない可能性が高いと言えます。1~3月とは、引っ越しシーズンであり、多くの人が賃貸不動産に訪れます。

つまりその人がこの物件を選ばなくても、他の人が選んでくれるので、わざわざ家賃交渉に応じる必要性がないと言えます。
そのため家賃交渉を成功させる鍵は、物件探しをする時期に大きく影響します。

引っ越しシーズンの繁忙期である1~3月は避けて、4~6月の引っ越しシーズンの閑散期を狙いましょう。3月までに契約が決まらず、空室になってしまった大家さんは焦りがあります。
下手したら、閑散期にはそのまま空室の状態のままで、数ヶ月以上家賃収入がないリスクが高まっているためです。

家賃交渉の際には、この大家さんの空室が出て焦る気持ちを上手に利用して下さい。
「少し家賃が高いけれど、あと5千円家賃が低ければ、この部屋に即入居したい」という気持ちを率直に伝えてみて下さい。

相手もこのまま空室が続くぐらいなら、5千円家賃を下げても入居して欲しいと考えるはずで交渉の余地は十分にあると言えます。

また閑散期に、賃貸不動産を訪れるメリットは、他にもあります。
それは利用客が少ないため、1人1人に対して、丁寧な対応をしてくれる点です。
もしも忙しく次の利用客の予約が15分後に入っているのであれば、そんな状況では、一通りの説明をして、じっくり話すという状況にはなりません。

そんな忙しない状況の中では、家賃交渉を切り出す事も出来ないと言えます。
その点、閑散期なら家賃交渉に応じる事が出来ない場合でも、丁寧に話を聞いてくれます。
そして、あなたの条件に合い予算内におさまる別の物件を紹介してくれるかもしれません。

話をして、まずは担当者と親しくなる事で、大家さんに融通をつけてくれるという展開になる可能性もあります。

そして家賃交渉をする際には、まず家賃相場を知っておく事が重要です。
もしその物件がすでに相場よりも安い状況では、そこからさらに下げるのは難易度が高いと言えます。ですが家賃相場よりも高い物件であれば、家賃交渉の余地は十分にあるはずです。

また事前にネットで、長期空室物件かどうか調べれば分かります。
長期空室物件であれば、多少強気に家賃交渉に出てみる事をおすすめします。
そしてマイナスの要因がある場合は、マイナス要因に対して家賃が高すぎるのではないか?
そんなふうに家賃交渉の糸口は、情報収集から見つかる事が多々あります。

実は家賃交渉において、タイミングも重要になります。
賃貸不動産でカウンターに座って、紹介された物件を見て、すぐに家賃交渉をしたとしても、予算に合う別の物件を紹介されるだけです。

なぜかというと、担当者も労力を使っていないので、この客を今逃したらという危機感はあまりないためです。ですが物件を何件も内覧し、大家さんとの連絡もすませ、契約に必要なものを全て揃え、後は契約書にハンコを押すだけ、そんな状況で家賃交渉をされたらどうでしょう?

もう契約出来ると思っていただけに、この客を逃がしたくないと思うのは当然の心理です。
家賃交渉も数万円単位の無理な交渉をするのではなく、2000~3000円程度の金額であれば、交渉は成立しやすいと言えます。家賃交渉とは、心理戦ですからいかに自分が有利な立場になれるか考えて交渉に挑んで下さい。