賃貸不動産で分譲賃貸マンションを借りる場合

賃貸不動産では、様々な物件を扱っているので、あなたの条件に合う物件もきっと見つかるでしょう。
そんな中で、最近注目を集めている物件が「分譲賃貸マンション」です。
分譲マンションという言葉は知っているけど、分譲賃貸マンションってどういう事?

そう思う人も多いかもしれません。
本来、分譲マンションとは賃貸用に建てられた物件ではありません。
自分用のマイホームとして、一生住み続ける目的で建てられています。

しかしながら投資目的で分譲マンションを購入し、人に貸出するケースもあります。
また投資目的ではなくても、転勤や離婚などの理由でそのマンションに住み続ける事が出来なくなる事もあります。
その際に物件を売りに出すのではなく、賃貸に出し家賃収入でローンを返済するという訳です。

しかしながら分譲賃貸マンションは、借り手側にも色々とメリットがあります。
先ほども少し紹介しましたが、分譲マンションとは本来賃貸目的で建てられた物件ではありません。

賃貸物件の場合は、家賃収入を得る投資目的で建てられているので、投資効率重視となっています。
そのため必要以上に設備にお金をかける余裕はありません。
なので、分譲マンションと比較した際に、壁の厚さや設備のグレードが低いと言えます。

分譲マンションの方がより住人が一生住み続ける事を前提に、建てられているので造りがしっかりしています。
設備も暮らしやすさ重視で充実し、キッチンには食器洗い機やディスポーザーがついています。
マンションの共有部分も贅沢に建てられているのが特徴的です。

それに安全面でも構造がしっかりしている分、耐震性が高く、管理人がいる事も多いので安心だと言えます。
マンションを購入し長期間住んでいる人が多いため、住人のマナーがいいという点も魅力です。

そのため、賃貸マンションと比べるとやはり分譲賃貸マンションはグレードが上がる分家賃設定も高いと言えます。
ですが将来的に、マイホームを手に入れたいと考えている人におすすめです。
いきなり購入するよりも、分譲マンションのメリットとデメリットを知る事が出来ていいのではないでしょうか?

ただし注意点としては、分譲賃貸マンションを借りたいと思っても、物件数自体が少ないと言えます。
それは分譲賃貸マンションを貸出しているオーナーが少ないためです。
なので、賃貸不動産で、分譲賃貸マンションの取扱いがあるかどうかを、不動産会社選びの条件に加えるといいでしょう。

あと分譲賃貸マンションは、転勤の期間だけという具合に比較的短期間だけ貸出されている事が少なくありません。
そのため分譲賃貸マンションに、長期間住み続ける事は難しいと言えます。

それから分譲賃貸マンションでは、通常の賃貸マンションと違い、オーナーが素人です。
賃貸マンションのオーナーであれば、マンション一棟全てのオーナーであり、家賃収入で生計を立てています。
そのためエアコンの故障や水回りのトラブルなど、マンションで起こりえるトラブルの対処法を心得ているので、修理業者に依頼しすぐに直してくれるはずです。

対して分譲賃貸マンションの場合は、オーナーとはその部屋の所有者という事になります。
そのためマンション経営をしている訳ではない、素人です。
なので、トラブルの対処法を知らないという事も少なくありません。

そういう場合にも仲介してもらった賃貸不動産が、どの程度アフターフォローしてくれるのか、事前に確認しておく事をおすすめします。
このように分譲賃貸マンションを借りる場合にも、メリットとデメリットがあるため、よく理解した上で契約するようにして下さい。

事前に調べていても、自分では分からない事もあるはずです。
なので、分からない事は、そのままにして契約をしてしまわずに、必ず賃貸不動産の担当者に疑問点を尋ね、疑問を解消してから契約をするようにして下さい。問い合わせに対する担当者の対応を知る事も出来、一石二鳥です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA